古民家で飲食店開業の支援、そばうどん、カフェ、やきとり居酒屋など飲食店の店舗設計、厨房レイアウト図面の作成。店舗内装工事の見積の提出のために物件の内見調査も承ります。

 

下記はうどん店開業のサポート事例です。


改装前の状態

屋根まで改修工事が必要でした。

古民家うどん店

改装後、土間をフローリングに改装工事、厨房レイアウト、厨房機器の様子、厨房機器はオール新品

古民家うどん店

生麺のテイクアウトコーナー設置、製麺室あり、ミキサー、成型機、熟成庫完備しています。

 

古民家の注意点

建物の耐震性です。100年も経つ古い建築物は今の建築基準法に適合していません。地震が来た時の対策が必要です。それと木造の場合、火災対策も心配です。どうすれば許可が出るのか、消防に事前に相談することが望ましいことです。
当社のお客様で繁盛店でしたが、耐震性の理由で閉店した店もあります。

下水の問題

古民家に関わらず少し郊外の場所になると本下水がきていません。下水がないと浄化槽を設置することに・・・。浄化槽の設置にはかなりの費用がかかります。
以前、避暑地に店を開店したときに下水がなくて・・・

井戸水の場合

場所によっては井戸水ですので水質検査が必要、保健所の検査が必要になります。昔、うなぎ屋なら井戸水が最高だなんていう話がありました。
業種にもよりますので、契約前に色々と確認することをご提案いたします。

 

 

飲食店開業相談