寿司屋の開業、店舗設計から内装工事、厨房設計まで。立ち食い・回転すし・宅配鮨・仕出し・テイクアウトに寿司は人気、儲かる寿司店のプロデュースを埼玉県と東京都を中心にサポート

《施工事例》

神奈川県 寿司店に改装工事の様子、パブレストランを寿司店に改装することに。

寿司屋内装工事

下記は完成引き渡し時の写真です。落ち着いたカウンター席と後ろはテーブル席。

寿司店内装工事

寿司店の店舗レイアウト平面図

カウンター席の他、テーブル席があります。テーブル席はベンチ席にすると居心地の良い客席になります。メニューやコンセプトによって客席を考える必要があります。この他にも図面は展開図があります。側面から見て、素人でも立体的に理解できる図面です。施工図面として

 

寿司店レイアウト図面

 

寿司店の厨房設計図面

寿司店の特徴はネタケースを置いたカウンターのつくり方、舟形シンクも設置しています。酢を使うので、製品によってはステンレスはSUS430よりSUS304を使いたいものです。また食器洗浄機を導入したいところですがスペースや予算の関係で・・・

寿司店厨房設計図面

寿司職人の需要

この時聞いた話ですが非常に参考になりましたので記載します。寿司職人は海外での需要がたくさんあるようです。そのため素人の方でも数か月間、みっちり技術を学んで海外で働く方が多いそうです。あらゆる国から需要が多く給料待遇も良いそうです。第二の人生に寿司を学んで海外移住を計画している方も多いような話でした。

寿司ロボットの進化

当社では寿司ロボットをリース・クレジット・現金で創業以来19年間、日本全国に販売してます。無料実演なので結構依頼があるのですが、その中で実演デモをすると寿司職人が寿司ロボットの実力に絶賛されることがあります。寿司ロボットこの30年間で大きく進化しています。参考までに一番人気の製品は現金で50万円位なのでリースでは月々9,500円で導入することができます。

寿司ネタの仕入れ

寿司ネタは業者から簡単に仕入れることができます。寿司のプロでなくても寿司をメニューに取り入れることは簡単です。寿司の上に乗せるネタは簡単にそろえることができます。ただマグロだけは市場や魚屋、専門点から仕入れることがよさそうです。うどん店、とんかつ店など売上に苦しみ店は寿司をメニューに取り入れることが一つの作戦です。

売れる、店舗設計と内装工事

当社では飲食店を中心に店づくりをしています。ハード面だけではなくソフトの面もサポートしています。寿司店は回転寿司やスーパーに押されて個人経営では難しく店舗数は減少している感じの業種です。それでも寿司は人気メニューで永遠に無くならないと確信します。では、どうすれば売れる寿司店がつくれるのか、一緒に考えてみませんか。

相見積の意味とは

正直に言うと皆さん相見積で2~3社に声を掛けています。私は受注が決まってからお客様に聴いています。何社に見積をお願いしましたかと。そうすると皆さん教えてくれます。そして決め手は何でしたか、それも聴きます。すると・・・見積を比較して値段も含めて一番良いと思ったところに決まました。という答えです。値段も重要ですが、それだけではないようです。

寿司内装工事

無料見積エリア

店舗設計と内装工事の営業エリアは、東京都と埼玉県、神奈川県に千葉県の一部がメインです。店舗設計デザインから内装工事、厨房機器のレイアウト設計まで何でもご相談承ります。驚くほど多数の店舗を手がけた、経験豊富なプロのアドバイスを聞いてみませんか。

 

お問い合わせは

お名前(必須)

電話または携帯 (必須)

メールアドレス (必須)

物件の住所(県名だけでも入れて下さい)

チェックを入れて下さい
内装工事の無料見積

業種、予算、開店予定日など